岡山での人口透析になる基礎疾患や、治療方法などについて

SITEMAP

透析

岡山などの人工透析になる基礎疾患

聴診器とボールペン

毎年、岡山では人工透析になる人は毎年増加しております。人工透析になる病気は腎臓の病気です。以前の岡山では慢性糸球体腎炎が多かったのですが、今は糖尿病性腎症が多いそうです。その他に透析になっている疾患は、慢性腎盂腎炎、急速進行性糸球体腎炎、妊娠中毒症、多発性嚢胞腎、腎硬化症、悪性高血圧、SLE腎炎、アミロイド腎、痛風腎、先天性代謝異常、腎尿路結石、腎尿路腫瘍、閉塞性尿路障害、腎形成不全などがあげられるそうです。
残念ながら慢性腎不全は治らない病気だそうです。人工透析を行うことによって日常生活をしていかなくてはなりません。そして食事や運動など日常てきな事が、体調に大きく影響を及ぼします。自分の事は自分で管理することが大切になってきます。人工透析が始まった最初は、大変だな、面倒だな、早く治らないのかな、何時になったらやらなくて良くなるのかなと思う人が岡山ではほとんどです。
患者本人自身や家族の方々もその病気に向き合っていかなくてはなりません。病気自体どの様な病気かわからないことがほとんどです。病院の先生や看護婦さんに何度もわかるまで、納得が行くまで何度も説明を聞いた方がいいと思います。日常生活もどの様に過ごせばよいのか、病院の方々に何度も聞いて、自分にあった生活を送られたほうが良いと思われます。

岡山の人工透析治療について

腎臓の働きが悪くなってしまうと、体内の毒素や老廃物を排出する働きを担っている尿が出なくなってしまいます。腎臓が全く働かなくなると私たちは生きていくことができません。腎臓はとても重要な臓器なのです。重度の腎不全になってしまった場合の生命維持のために行われる治療が人工透析です。岡山では人工透析治療を受けるためにはまずシャントという手首付近の動脈と静脈を繋げる手術をしなくてはなりません。シャント手術をすることで血管が太くなるので採血がしやすくなります。
岡山での人工透析の治療内容はシャント手術をした太い血管から血液を一度取り出し、その血液をダイアライザーと呼ばれる特別な機械を使って、老廃物や余分な水分、電解質などの本来は腎臓で処理するはずだった不要なものを取り除き、綺麗になった血液を体内に戻すというものです。しかし人工透析をしたからといって、腎臓自体が回復するわけではありません。腎臓移植が成功しない限り、一生人工透析治療を続ける必要があります。岡山での人工透析治療を受けるには週に3回通院しなければならず、一度の治療にかかる時間も4、5時間と長いです。また長期間人工透析治療をしていると合併症のリスクもあります。
ほとんどの病気に共通していえることでもありますが、腎不全も生活習慣を見直すことで予防になります。健康的な生活を心掛けるようにしましょう。

透析しにいく岡山などの病院の選び方

血液透析の場合、シャント手術を受けた岡山などの病院でも透析に通うことができます。また、手術をした病院が遠いなら、自宅近くや勤務先周辺など生活県内にある透析外来の病院を選択することが可能です。実際に岡山では透析をした後は、疲労感の出る方もいるので、楽に帰宅できるほうが体への負担も軽減します。
ほとんどの場合、1週間に3日間程度透析をするので、費用をかけないなら徒歩圏内が良いでしょう。透析外来は、シャント手術をした岡山などの病院から紹介を受けることもできますし、自分自身で探す方法もあります。実際に病院に電話などで問い合わせをすると、丁寧な対応をしてくれるのかどうかも合わせて確認できるのが利点です。
仕事をしている方は、日中ではなく勤務時間後に透析を受けたいと希望する場合もあるので、夜間透析に対応した病院を探しましょう。この場合、何時までに受付をして何時に終了するのかを確認しておくと、生活スタイルを大幅に変えることなく透析に通えます。また、平日の負担を軽くするには、土曜日の透析ができる病院も選択肢に入ります。現在の状態によって、透析時間数は多少変動しますが、3~4時間かかるものと考えて、利用しやすい時間帯を検討してください。


腎臓が悪くて苦しい思いをしているという方は、岡山で透析を行う相談をしてみましょう。診療の結果次第では透析を行え、それによって楽になることもあります。希望を捨てずに、岡山での透析を行ってください。