岡山での人口透析になる基礎疾患や、治療方法などについて

SITEMAP

透析

透析をしに行く岡山などの病院

透析をする為に必要なのはシャントと呼ばれる血管です。これは動脈と静脈を合流させて作られた血流です。この血流によってコンソールと呼ばれる機械に血液を送る事が出来ます。コンソールに吸われた血液はダイアライザーで濾過、コンソールで除水されて体に戻ります。十分な透析を行う為には十分な血流が必要です。その為にシャントを作成します。シャントを作るのは腎不全科のある総合病院です。だいたい岡山では入院してシャントを作成し、腕の腫れが引けばその病院で数回透析を行い、その後は退院して自宅で生活しながら近所の透析科のクリニックに通う事になります。このクリニックには入院施設がありません。透析をする為だけの施設です。
Drは必ず常駐し、もし透析以外でも体調の変化等あれば診察を受ける事が可能です。ほぼ毎回回診があります。透析治療に関しての事やその日の体調の管理等をしてもらいます。もし薬が必要あれば、処方されて帰宅までに薬局が届けてくれます。採血も月に2回あり、レントゲン、心電図等の検査も定期的に行ってくれます。
流石にMRIや大きな検査は出来ませんが、医師が必要と判断した場合には紹介状を書いて貰い、予約も取ってくれて受診に行きます。結果はそのままその総合病院でフォローしてもらいつつ、透析科のDrもフォローしてくれます。